女性

手軽に利用できる整形

カウンセリング

あっという間に小さい顔へ

小さい顔に憧れる人も、なかなか自分一人の力では小顔にすることは難しいものです。しかし、美容外科で行ってくれる小顔矯正を利用することで、みるみるうちに小顔になっていく自分に出会えるでしょう。治療内容は、顔を小さくしたいと感じている部分へのボトックス注射を行うだけです。最初に行われるのがカウンセリングです。このカウンセリングで、どの部分を小さく見せたいのか、どれくらい小さく見せたいのか、副作用などを含めて医師と相談します。全てにおいて納得できたら、実際にボトックス注射を行って小顔矯正を行います。小さくしたい箇所に注射を打つ、ただそれだけの内容となるため、非常に手軽に小さい顔を手にできるでしょう。メスを使って手術を行うわけでもありませんから、手軽に利用することができますし、ダウンタイムがほとんどありません。治療が終わってから二週間ぐらい経過した段階で医師に術後の確認を行ってもらうことになります。これだけ簡単な方法ですから、最近は利用する人が多いです。小さい顔を手にできるボトックス注射は、手術を行ったからと言って、ずっと小顔をキープできるわけではありません。ボトックス注射による矯正の場合、一応副作用に関しては、頭痛や赤みなどの症状を訴える人もいますが、それほど心配する内容ではありません。さて、ボトックス注射を行って小顔を手に入れることが出来てから、半年ぐらいは小顔矯正の効果が持続する人が多いです。どれくらい持つのかは個人差が多少なりともありますが、だいたいこれくらいの期間で持続できると考えて良いでしょう。そして、また小顔を手にしたいと感じているなら、改めてボトックス注射を行うと良いでしょう。基本的に常に小顔でいたいならば、半年に一度ぐらいのサイクルでボトックス注射を行っていきましょう。顔に行う整形手術となりますと、抵抗を感じる人も中にはいるかもしれません。しかし、ボトックス注射による矯正は傷痕もほとんど目立ちません。女性にとってはとても嬉しいところです。費用面でもリーズナブルな料金設定なので定期的に受けられます。